事例集&申立実績のある裁判所

1.事例集

(1)同時廃止
・生活費などで総額120万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・生活費などで総額130万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・個人事業での収入不足を補うための借り入れなどで総額130万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・生活費等で総額170万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・当初、任意整理で返済を続けていたが、体調不良などで仕事が継続できず収入が減ったため返済が困難となり、自己破産に切り替え、免責が得られた事例(負債額200万円)
・生活費と事業に必要な音楽機材の購入などで総額220万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・親の入院代などで総額240万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・自身と母親の生活費等で総額290万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・給料未払いによる収入減少を補うため等で総額320万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・生活費、入院代などで総額340万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・生活費等で総額350万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・生活費、ソーシャルゲームなどで総額360万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・生活費、借金返済等で総額370万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・婚姻費用、生活費等で総額370万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・生活費、入院代等で総額390万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・自動車の購入やエステ商品等の購入で総額390万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・生活費、飲食代等で総額400万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・売掛金の回収ができない分の穴埋めなどから400万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・自動車ローン、出産費用などで総額400万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・引越代、脂肪吸引の施術代等で総額420万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・生活費、商材の購入などで総額500万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・同人誌の制作費などで総額520万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・自動車購入代金、引越代などで総額590万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・奨学金、バイナリーオプションなどで総額680万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
・奨学金、生活費などで総額700万円の負債を抱えていた事例で、破産申立てを行い免責が得られた事例
(2)少額管財
・投資話にのせられ760万円ほどの負債を負った事例で、破産申し立てを行い、免責が得られた事例
・収入が半減するなど収入が大幅に減少したため借り入れが増え、総額770万円ほどの負債を抱えていた事例で、破産申し立てを行い、免責が得られた事例
・同棲相手への援助、パチンコ等の遊興費などで800万円ほどの負債を抱えていた事例で、破産申し立てを行い、免責が得られた事例
・手術代、交通事故の損害賠償金などで1400万円ほどの負債を抱えていた事例で、破産申し立てを行い、免責が得られた事例
・買掛金などで1800万円ほどの負債を抱えていた事例で、破産申し立てを行い、負債をなくすことができた事例(法人破産のみ)
・住宅ローンの保証債務などで2000万円近い負債を抱えていた事例で、破産申し立てを行い、免責を得られた事例
・住宅ローン、生活費などで2000万円近い負債を抱えていた事例で、破産申し立てを行い、免責を得られた事例
・建築資材の販売等を行っていた会社につき、会社の負債として2400万円、会社代表者個人の負債として1200万円を抱えていた事例で、破産申立てを行い、双方とも負債をなくすことができた事例
・会社の負債として3億円、会社代表個人の負債として1億円を抱えていた事例で、破産申し立てを行い、双方とも負債をなくすことができた事例
(3)二度目の自己破産
・一度目は父親の事業の負債が原因で自己破産し、その後10年近く経過して、退職後の生活費などで再び200万円近い負債を負い、破産申立てをして免責を得たケース(同時廃止)
・一度、自己破産した後、10年近く経過して、今度は結婚資金などで280万円近い負債を負い、破産申立てをして免責を得たケース(同時廃止)
   

2.申立実績のある裁判所

当事務所において、申立実績のある裁判所を記載します。

(1)東京地方裁判所本庁

(2)さいたま地方裁判所本庁

(3)水戸地方裁判所下妻支部

(4)富山地方裁判所魚津支部

まずはお電話ください。

03-6303-7030(平日 AM 9:30〜PM 7:30 土日 PM 12:00〜PM 6:00)

ご予約で時間外・土日の面談対応いたします。

メール・FAX24時間受付

代表 弁護士 山川典孝

第二東京弁護士会所属
〒160-0022
東京都新宿区新宿
6丁目7番22号
エル・プリメント新宿 551 号